フリーランスとはどういう内容のものか

フリーランスとはどういう内容のものか

フリーランスは別名フリーと呼ばれることもあります。

自ら独立して会社や組織に属さずに労働力を提供する個人事業主や個人企業法人のことを言います。



独立後企業から請け負った業務をこなして行く人はフリーランサーと呼ばれています。一般の職業分類においては自由業に当たるとされ、その都度契約を結ぶ形態になるとされます。



例えばテレビ局へ勤めたあとフリーアナウンサーとして、あるいはフリーキャスターとして活躍する場合等がよく知られ、肩書には元何々とついている場合がよくあります。



このように一定期間企業に勤めた後にその仕事の分野で実力をつけてから独立することが多いとされています。

他に職業分野でよく知られているのは出版業界や新聞社へ勤めてからライターやジャーナリストになったり、小説家や放送作家、脚本家、演出家、プログラマーなどの分野でもよく見られます。


収入は千差万別でその人の能力や実力によって変わって来るとされています。

インターネットの普及によって場所を選ばずに仕事ができるようになってからフリーランスの人々は増加しているとされています。

米国においては2000年時点でも4人に1人は何らかの形でフリーランスの形で就業していると言われています。日本国内においてはまだそこまでは行かず就業人口の40分の1程度であるとされています。

ただ技術革新や情報を取り巻く環境は常に変化していて今後はもう少し正確な内容も分かって来るとされています。

Copyright (C) 2016 フリーランスとはどういう内容のものか All Rights Reserved.